日本橋浜町・人形町エリアで【口コミ実績1位】Sunny鍼灸院・整骨院(サニー)

坐骨神経痛

この坐骨神経痛はもう
どこへ行っても良くならない
そう思い込んでいるあなたへ

坐骨神経痛

 

実際に、こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 足の痛みとしびれで歩くのが辛い
  • 病院で坐骨神経痛と言われた
  • 腰から足にかけてシビレ・痛みが1カ月以上続いている
  • ボルタレンやロキソニンでごまかすことが続いている
  • 長時間イスに座っていると足がシビレてきて友達と出掛けるのもおっくうになってしまう。
  • 長時間立っているのがつらいことが多くなってきた
  • 整骨院や整形で牽引や電気治療をしたが、一向によくならない
  • ごまかしながら一生付き合っていくものと諦めている

諦めるには早すぎます!
まずは当院にご来院下さい

Sunny_92

 

お客様のお喜びのお声

 

「腰から足にかけての痛みがなくなりました!」

koba膝の痛みで歩けない程だったのと肩の痛みで手が上がらなかったため。
腰から足にかけて痛みがあった。

通院して一週間で痛みが和らいで歩けるようになりました。手が上がるようになりました。今は電気治療だけが多い中で手で揉んでくれることが安心です。友達や親友に勧めています。

( 埼玉県桶川市にお住まいの70代女性主婦 小林様)

※効果には個人差があります

「初めてです。腰痛と足のシビレがなくなりました!」

20160831_125931 (1)一週間前より右腰から足にかけて痛みがあり座っているのも立っているのも辛かったです。最初の2、3回の治療で痛みが嘘のようになくなり夜ぐっすり寝れたので早くSunnyさんにお世話になればよかったと思います。

仕事がハードワークなので今は週に1回メンテナンスをしています。おかげでむかしからある肩こりや頭痛もなくなりました。今まで整体院に通っていましたがここまで丁寧に治療してくださったのは初めてです。ありがとうございます。(埼玉県にお住まいの30代男性会社員 木下様)

※効果には個人差があります

 

治療家が当院の技術を
推薦していますsuisen5-2-3

 

 

他で良くならない理由

腰の痛み

コルセットなどの器具

腰のサポーターやコルセットは坐骨神経痛のように腰から足にかけて痛い時につけると気持ち的にも安心できますし、痛い動きが制限されるので痛みも緩和されるので愛用されている方は多いのではないでしょうか。

しかし、『あなたの痛みはいつからいたいですか?』

スポーツをしている最中や、思いものをもった瞬間、何かをしようとしたときに痛めてしまった急性の痛みには患部の安静を保つために必要です。

もし、腰の痛みが1ヶ月以上続いているのであれば、サポーターをすることが逆に治るスピードを遅らせているかもしれません。

スポーツや、肉体労働などのお仕事中は除きますが、基本的に当院ではコルセットやサポーターはおススメしません。

『解剖学的、生理学的、運動学的に正しい関節の動き』

『解剖学的肢位』

この二つがしっかり正常であれば痛みはでないのです。腰にコルセットをすることで正しい関節の動きができなくなります。

日常生活やお仕事に合わせた姿勢がとれなくなります。

実は腰の骨は左右に5度しか動きません。たった5度の動きでもものすごく大事な動きなのです。動かなければいけないものが動かなくなれば、どっかに負担がきます。背中や股関節に負担がでます。その連鎖が治らない原因を作ってしまいます。

まず、1ヶ月以上痛みが続いているのなら、なぜ痛みが出ているのかを考える必要があります。ただ、腰が痛いから腰にコルセットをするのはもしかしたら、今の状態には合っていないかもしれません。

 

電気治療などの一般的整骨院・病院の治療

N934_cyoushinkiwotukaudr

今までたくさんの病院や整骨院、整体院に通われた方なら感じているんではないでしょうか?

ただ、腰に電気あてたり、

ただ、腰を温めたり

ただ、腰をマッサージしたり

ただ、腰に湿布をしたり

ただ、腰を牽引したり

ただ痛いところだけを治療してもよくならない事が多いです

今まで腰痛専門で治療を行っていました。もちろん坐骨神経痛の方もおおくいました。その中で感じたことは痛いところだけを一生懸命治療してもよくならない事が多いということです。とくに何か月も何年も痛みがあるほど腰や足だけを治療してもなかなかよくなりません。

人と同じで痛みも個性があります。坐骨神経痛という痛みは結果であり、そうなってしまうには原因があるのです。

坐骨神経痛は整形外科的には腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、筋肉由来の梨状筋症候群などが原因と言われています。

しかし、なぜそのような状態になってしまうのか?ということが大事なのです。ヘルニアでも狭窄症でも梨状筋症候群でも神経に負担がかかるとシビレや痛みが足にでます。神経に負担がかかる原因はその『人』によって違うのです。

デスクワークが仕事の人と、荷物を運ぶのが仕事の人が同じ坐骨神経痛と言われても痛みの原因や病態は違います。これがただ腰だけを治療しても治らない理由なのです。もしあなたが今通院中なら、担当の先生に聞いてみてください。

私の坐骨神経痛は何が原因ですか?なんでそうなってしまうのですか?と。

 

リラクゼーションマッサージ

105

まず、あなたのお体のお悩みはなんでしょうか?

『癒し』を求めているのでしょうか?

『痛み』を改善したいとお考えでしょうか?

目的によって施術も変わります。

もしあなたが癒しを求めているのであればリラクゼーション系の施術を行っている院を選択することが望ましいです。しかし痛みの改善を目的としたいのならリラクゼーション系の治療院は間違っています。

そもそもリラクゼーションマッサージ=筋肉を緩める施術です。

筋肉の痛みであれば『筋肉の緊張による痛み』や『筋肉が伸ばされた痛み』、『筋肉の損傷による痛み』『筋肉が神経を圧迫している痛み』いろんな状態があります。全てに対して必ずしもリラクゼーションマッサージが施術の適応となることはまずありません。

痛みの改善には状態を見極めて施術する『診たて』が必要になります。患者様の状態を確認し検査を行い、病態把握を行い、改善するための必要な治療を選択し考察していきます。

これが治療院です。

坐骨神経痛でも、筋肉を緩めて改善する場合もありますが、股関節を正しい位置に戻さないと治らない場合もあります。

骨盤の歪みを矯正すると治る場合もあります。中には肩甲骨にアプローチしなければよくならない場合もあるのです。もし、あなたが癒しではなく痛みの改善を目的としているのであればリラクゼーション系のマッサージではなくお体に合わせて治療してくれる院を探したほうがよいと思います。

 

湿布、痛み止めの薬・注射

腰の痛み

 当院に来院される患者様の多くは何年も前から痛みがあり、湿布や飲み薬で毎日ごまかしているという方が多いです。

湿布や痛み止めは根本的な解決にはならないのです。

本当に辛いときや痛みをを抑えなければ仕事にならないというのであれば、痛み止めなどで一時的に痛みを緩和させても良いと思います。

治療をしていくことで痛み止めを飲む量や回数が少しづつ減ってきます。

痛み止めは一時的に痛みを抑えるだけなので、根本治療にはなりません。

強いお薬ほど、頭がボーっとして仕事にならなかったり、お腹の調子が悪くなったりすることもあります。

あなたのバックの中から痛み止めの薬がなくなったらどうでしょうか?

人生変わると思います。

根本的に体をよくしていき、お薬に頼らない生活をつくっていくことが大事だと考えます。

 

外科的手術

医者

まず、手術の適応として整形外科的な基準として

  • 膀胱直腸障害がある。
  • 筋力低下が著しい(整形外科的な筋力検査による)

これを判断します。

当院でも、診察をしてこの可能性があると判断した場合は紹介状を作成し病院の受診をご提案することがあります。

しかし、当院を受診される患者様の多くは当院の治療をうけていただいています。病院で手術を勧められた患者様もいます。

もし、本当に手術が必要な状態ならお医者様は強く手術を勧めるでしょう。しかし選択権が患者様にあるのならばよく考えてください。手術をしないと日常生活やお仕事に復帰できないのか?ご自身の年齢とこれからの人生どうすごしたいのか?他にも考えることはあるのでまず一度ご相談していただけたらと思います。

以下の分は日本整形外科学会の『腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン』の一部です。

難しい分ですがまず読んでみてください。

保存療法と手術療法の比較 推奨グレード B 

 保存療法と手術療法の比較結果は,手術療法は術後 1 年で 65%,4 年で 66%,10 年で 58%が良好な成績であり,保存療法は 1 年後 36%,4 年後 51%,10 年後 56%であり, 術後 1 年では差があるが 4 年以降は有意な差がないと報告している。さらに,下肢痛 の遺残頻度は手術例が 4 年 21%,10 年 2%,保存療法例が 32%,2%,腰痛の遺残は 手術療法例が 4 年 37%,10 年 16%,保存療法例が 42%,21%であり,長期的には手 術療法と保存療法に差がなかった 1)。 ・ 坐骨神経痛に対する手術療法(220 例)と保存療法(122 例)の 13 年間の長期予後に 関する調査結果では,手術群の 13 年間での再手術率は 19%と高かったが,保存群が 13 年の経過で手術に至る率は 9%であった。手術群の 1~5 年の早期予後は保存群に比 較して良かったが,13 年間の痛みや ADL(日常生活動作) の評価では 5 評価項目中 4 項目において 術群と保存群には差がなく,治療開始時と比べて“不変”または“悪化”は保存群の方が多 かった 2)。 ・ 復職率をアウトカムとした報告では,手術療法例が 1 年で 93%,5 年で 79%,13 年で 79.5%,保存療法例では 86%,74%,79.5%,手術療法 91.1%,保存療法 84.6%との 報告があり,復職率でみると長期的には手術療法と保存療法との間に差は認められな 3)。

この報告は5段階のうち上から2番目のグレードBという推奨度なので高い根拠のあるものです。

この文を読むと、手術した群と保存療法の群では差は認められないということです。

もしお医者様から手術を強く勧められていないのであれば、手術をするのは少し考えて下さい。私が患者様の生活に関わってサポートしていけることがたくさんあります。

もし、一人で悩んでいる誰に相談したらよいかわからないのなら一度相談してください。ガイドラインでも手術した群は再手術する可能性が高いです。手術しても痛みがとれないこともあります。これはヘルニアとなってしまった原因を解決できていないからなのです。

ヘルニアになってしまう原因は日常生活の癖や仕事などで原因がつくられていきます。これを改善し治療しなければ本当の意味で治ったとはいえません。

 

症状についての説明

30134676139ffe89f8834fe295c13b3c-e1471912865102

坐骨神経痛の症状の現れかたは、人によって様々です。

症状を詳しく説明していきますので、あなたの症状と似たところはないか照らし合わせてみて下さい。

坐骨神経痛は、臀部(おしり)から脚にかけて通っている坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることにより神経痛が生じている状態です。症状としては、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、かかとや足の裏まで痛みの範囲が広がる場合もあります。

症状は、強い痛みとして感じるだけでなく、ビリビリとした痛み・痺れた感じ、感覚がマヒした感じ、違和感がある感じなど、人によってその不快感・強さは様々です。

また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みや痺れが現れるケースもあります。

《生活の中での坐骨神経痛の症状 》

  • お尻から足にかけて、激しく痛んだことがある
  • 腰部に痛みが長時間続いたことがある
  • 重いものを持ち上げると、お尻に痛みを感じることがある
  • 長時間立ったり、座っていると腰部が痛くなる
  • 長時間歩くと腰が痛くなる
  • 寝ている時腰が痛くなり姿勢を変えずにはいられない
  • 朝起きたとき、腰がひどく痛くなる
  • 1日の終わりに足がひどく痛くなる
  • 足が痛くて、足を引きずるようにしないと歩けない(跛行(はこう))
  • 痛む方の足の血流が悪く、ひどく冷えてる

上記のような症状が坐骨神経痛の特徴的なものです。

 

坐骨神経痛による「痺れ」の感じ方は人それぞれ?

膝

神経痛とは主に「しびれ」と思っている方がいますが、その内容は様々で、坐骨神経痛を患っている患者様によって表現が様々です。

私は、腰痛や坐骨神経痛で悩む方を今まで4万人以上診させていただいていますので、たくさんの症例や経験があります。

坐骨神経痛で悩む方の「しびれ」以外の表現を挙げてみますと、

  • 痛い
  • つっぱる(ハリがある)
  • じんじんする(じ~んとする)
  • 熱い・ひやっとする
  • ぼんやりする

などの表現があります。中には、太ももの筋肉痛や肉離れなどと思い、1~2週間様子をみても、なんら症状に変化がないので来院される方もいます。

また、坐骨神経痛とは症状名のことです。接骨院・整骨院・整体院などで「坐骨神経痛」だと言われました。という方がいますが、お尻~足にかけて痛みやしびれを伴う症状を「坐骨神経痛」と言うので、それは原因ではありません。

整形外科でレントゲン、MRIを撮って「坐骨神経痛」と言われる方もいらっしゃいますが、たいていの場合、それは原因が分からなかったときに使う言葉です。言い換えるならば、あなたは「足にしびれがあります」と言われているようなものなのです。

坐骨神経痛=足のしびれ

一番大事なのは、坐骨神経痛を引き起こしている原因なのです。それを解決しない限り、根本的な改善にはならないでしょう。

 

 

坐骨神経痛の原因

腰の痛み

坐骨神経に障害が起こる2つの原因

坐骨神経痛を訴えて病院を受診したとしても、原因がはっきり分からない場合が非常に多いです。坐骨神経痛を含む腰痛を訴える人のうち、約85%は原因が特定できないといいます。

では、残りの特定できる原因とは何でしょうか。原因が特定できる中で一番多いのは、腰部の神経圧迫が原因で起こる椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症です。この2つの病気では、特に坐骨神経痛を訴える患者さんが多いようです。

 

原因1:腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニア

坐骨神経痛の原因のほとんどは、腰椎間板ヘルニアだといわれます。

<症状>

腰やおしりから足にかけて、広く散らばるような痛みが発生します。その他、足のふくらはぎの外側にしびれが起こったり、足に力が入りにくくなったりします。ときに、排尿や排便の障害を起こすこともあります。

<メカニズム>

腰部の背骨は、椎体と呼ばれる骨の部分と、その骨と骨の間にクッションの役割をする椎間板があります。さらに、椎間板は繊維輪と髄核と呼ばれるものでできていますが、何らかの原因で繊維輪が断裂し、そこから髄核が出てきて、坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが起こります。

<診断>

まずは下肢伸展挙上試験(膝を伸ばして足を挙げた時に痛みがあるかどうかを調べる試験)を行うほか、足の感覚や、力の入り方を調べます。加えて、レントゲン検査、MRI検査などで診断します。画像を見れば、ヘルニアかどうかがすぐに分かります。

 

原因2:腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

<症状>

安静にしていると痛みはあまりありませんが、歩き出すとお尻から太ももや足の先にかけて痛みやしびれが現れます。そのため、長い距離を歩けなくなったり、しばらく休憩するとまた歩けたりということを繰り返します。このような歩行は間歇性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれ、脊柱管狭窄症に特徴的な症状です。

そのほか、足の筋力が低下したり、知覚障害や膀胱の障害(トイレが近くなる、回数が多くなる、尿が残った感じがあるなど)が起こったりする場合もあります。

<メカニズム>

神経が通る道の腰椎の脊柱管が、腰椎の変形などによって狭くなり、神経を圧迫して症状が発生します。変形の原因としては、加齢があげられます。年を取ると背骨が変形したり、椎間板が変形したりするため、このような狭窄が起こりるのです。腰椎椎間板ヘルニアに比べ、中高年に多いのが特徴です。

<診断>

MRI検査で診断できることが多いです。MRI検査ではっきり診断ができない場合や手術が決まって詳細に検査する場合には、腰椎に針をさして造影剤を入れて脊髄造影という検査を行います。

 

 

当院での改善法

腰の痛み改善法

当院での治療の目的は大きく分けて2つあります。

  1. 痛みを和らげる局所治療
  2. 自然治癒力を引き出す根本治療

この二つを軸に治療していくことで早期改善と患者様の大切な時間や家族との時間、趣味の時間、お仕事の時間が楽しく充実していきます。

当院は他の整骨院や治療院とは違いただ治療をするだけではなく患者様の人生が楽しくなるように患者様の悩みを丁寧に聞き出し今ある痛みが生活にどのような影響を与えてしまっているのかということをとても大事にしています。

 

1痛みを和らげる局所治療

鍼灸コース

坐骨神経痛の場合どこで神経の圧迫があるのかを見極めることが必要になります。

検査を十分に行い臀部の梨状筋由来のものか?ヘルニア由来のものかを鑑別していきます。

神経の圧迫を軽減する治療

なぜそこが悪くなるのか?を考え局所の筋肉や関節、骨格を解剖学的に正し状態に戻して行きます。原因が深い場合は鍼治療も状態に合わせて行います。

疼痛緩和

痛みを感じるのは神経であり神経がなんらかの刺激により興奮していると痛みを感じます。この時に超音波とハイボルテージという特殊な電気を同時に体に加えることで一時的に痛みを和らげることができます。

この電気はリオオリンピックで使われたものと同じ機械をつかい治療します。

 

2自然治癒力を引き出す根本治療

骨盤矯正コース

人は本来自然治癒力があり、これが働いていれば十分な回復力があるので寝ることで体力を回復し痛みが和らいでいきます。

しかし、関節の硬さや骨盤のゆがみ、姿勢の偏りがこの働きを阻害してしまうのです。とくに骨盤の歪みがあると呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると交感神経が優位に働き常に身体は緊張します。そうなると夜熟睡することができなくなってしまうのです。熟睡できないと自然治癒力がうまく働くことができず、寝ても疲れがとれない、寝ても痛みがとれない状態になってしまうのです。

とくに何年も前からなかなか治らない症状をお持ちの方ほど熟睡できていなかったり、坐骨神経痛以外の症状がたくさんあったりします。痛いところだけを見てもよくならない事が多いです。

私が見るのは病気ではなくその人を診ます。今の辛い坐骨神経痛を根本的に治すためには坐骨神経痛いがいの問題を一緒に一つ一つ解決していく必要があります。

僕が一緒に解決できたら幸いです。

 

 

症状を劇的に改善する 4つのステップ

整体によって体のゆがみを整え、痛みを根本改善。鍼灸で血の循環を良くし、疲労物質を除去。骨盤矯正では骨盤の開きやゆがみを整え、体質を改善。電気治療器により鍼灸でも届かない深い部分の痛みを取り除きます。
一つの技術だけではすべての原因にアプローチできません。当院ではさまざまな技術をオーダーメイドで組み合わせて施術し、相乗効果によって劇的に改善します

 

 

1日1名様限定 Sunny式 整体×鍼灸×骨盤矯正コース 初回 2,980円

24時間受付!ネット予約・問合せ

 

 

他院とはどこが違う?

Sunny鍼灸院・整骨院
\選ばれる9つの理由

 

1.日本最大級の口コミサイトでNo.1の評価をいただきました

口コミNo1

全国100万社が登録する日本最大級の口コミサイト「yelp」にて、東京都中央区の整体・鍼灸の評価No.1をいただきました。

 

 

2.初回は30分をかけて丁寧な検査とカウンセリング

カウンセリング

姿勢や動きなどを確認し、痛みの経緯や原因を確認します。カウンセリングでは、良くなるまでの期間やそのための方法などを丁寧にご説明いたします。ご質問はお気軽に。

 

 

3.バキバキしない整体と痛くない鍼で体質から健康に

DSC07621

当院では、関節をバキバキ言わせる危険な施術は致しません。また、整体も鍼も痛くないので、苦手な方や初めての方にも安心。リラックスして施術を受けられます。

 

 

4.国家資格者が施術。だから安心・安全

国家資格保持者

体のプロフェッショナル――特に筋肉・関節・骨に特化した国家資格者が検査を行い、一人一人異なる体質や症状に最も適した施術を行います。

 

 

5.簡単にできるストレッチなどアフターフォローも万全

アフターフォローのストレッチ指導

どれほど体を改善しても、その使い方が悪ければ、遠からず同じ症状に悩まされます。一日でも長く快調なお体を維持していただくため、さまざまなアドバイスをご提案いたします。

 

 

6.充実のキッズスペース完備! お子様連れの方にも大好評!

キッズスペース

2階にはキッズスペース付きの施術室もございます。お子様連れの方は予約時にお申し付けください。ほかのお客様に気兼ねすることなく、リラックスしてお体の改善に集中できます。

 

 

7.開放感がありつつもホッとできる院内です

開放感のあるキレイなサロン

体だけでなく気持ちから元気になっていただきたいから、雰囲気にもこだわりました。ガラス張りの外観に吹き抜けの受付。白と木を基調にまとめた、落ち着きある癒やしの空間です。

 

 

8.最終受付は夜21時。浜町駅から徒歩5分。通いやすい環境です

通いやすい

仕事や家事に追われていて、痛みやつらさを我慢している……そんな方でも通えるように、夜遅めの時間まで受け付けを行っています。駅からも近いので、仕事帰りや買い物のついでにお越しください。

 

 

9.結果にとことんこだわります

DSC07699

本当の原因を見極めたうえで、どこがゴールなのか、そのためにはどのような施術が何回必要なのかを明確にします。施術後には再検査を行い、次回の方針に役立て、目的意識を持って対応いたします。

 

 

具体的な
お客様の施術例/

ケース1:70代 女性

koba◆主訴

左腰部~左下肢にかけての坐骨神経痛の痛みとシビレ

その他の不定愁訴 酷い肩こり、左五十肩、右膝痛、左右手指の腫れ、痛み

◆初診時

歩行時の痛みが著名にあり足を引きづりながらご主人につかまりながらご来院されました。以前より右膝の痛みがあったが左脚が痛くなるのは初めてとのこと。思い当たる原因がないとのことでした。

一番はこの痛みを早くなんとかして欲しい。と患者様の訴えがありました。問診と検査を進めているなかで週に1回、趣味の卓球が楽しみということをおっしゃっていたので少しでも長く趣味の卓球を続けられるようにしてあげたいという僕の気持ちがありました。

また、左の坐骨神経痛だけではなく指の痛み、肩の痛み、膝の痛み等の複数の痛みがあるためご本人もたくさんの苦労や不安があるのではと察しました。

このことから、ご本人に説明し左脚だけではなく、趣味の卓球を続けられることにフォーカスして治療を始めました。

もともと右膝の痛みが長かったため、それをかばった歩き方になり左の筋肉が使いすぎた状態になっていました。左脚の治療と右膝、骨盤の治療をメインに行いました。1回目の治療では痛みが10割→6割まで改善し、

痛みはあるものの自分の力で歩くところまで回復していました。

◆2回目以降

昨日は歩いて自宅まで帰れたと喜んでおられました。朝はまだ痛みがあったようで、ご主人につかまり来院されていました。

2回目より肩コリや五十肩の治療も開始。趣味の卓球の話しをして僕がどのようにサポートしていけるのかをご説明しましたところ、ご本人はわくわくしていたので気持ちが前向きだったので痛みも早く改善するだろうとこの時点で確信しました。

◆1週間後

1週間後には痛みがほぼなくなり、自力で歩けるようになりました。

また、左肩も腕があがるようになり洗濯ものを干すのが楽になったと喜んでいただけました。

 

埼玉県桶川市 70代 主婦 Kさん
※効果には個人差がございます

 

 

ケース2:30代 男性

20160831_125931 (1)◆主訴

右坐骨神経痛 腰痛 不定愁訴 肩こり頭痛

◆初診時

右臀部~下肢にかけて痛みとシビレを訴えて来院されました。また何年も前から腰痛と肩こりがあり酷い時は頭痛もでるとのこと。

仕事が忙しく家に着くのは12時を過ぎてしまうみたいでなかなか睡眠時間がとれない。

また以前は週に1回趣味のサッカーをしていたが、仕事が忙しくできないことが肉体的にも精神的にも辛いようでした。

触診と徒手検査を行うと臀部の筋緊張が強くこの緊張が坐骨神経を圧迫して右臀部~足にかけて痛みが出ていることがわかりました。

デスクワークでの姿勢が臀部の筋肉を圧迫し続けていたからと考えられます。

まず、奥の原因となる筋肉を柔らかくするため鍼を15分置鍼しその後、下肢から筋肉の緊張をとる手技を行うと「足の血が流れているみたいです」とおっしゃっていて、この時点でうつ伏せの状態ではシビレはなくなりました。

臀部の筋肉と腰の筋肉は一緒に動いているため、腰の治療も行い治療は終了としました。

治療後は足が軽くなったと嬉しそうな様子でした。

◆2日目

続けて翌日に治療を行い、夜どうだったか確認すると夜は痛みなくぐっすり寝れたとのこと。仕事して夕方になるとまた痛みとシビレはあったものの楽な時間の方が多かったようです。昨日と同じ施術をし、肩こりの治療を合わせて行いました。

肩こりの治療というよりも呼吸がしやすくなるように肩甲骨や肩回りの関節と筋肉をほぐしていく治療です。2回目の治療後に自宅でのストレッチをして本日は終了です。

◆5回目の治療には

以前眠りが浅かったのがゆっくり寝れるようになり、最近では頭痛もしなくなり坐骨神経痛も感じることが少なくなったとのことでした。

今回の症例は体の回復力よりも体にかかる負担が多く、自分の力で身体が回復できていなかったものと考えられます。

 

 東京都 中央区 システムエンジニア 30代 男性木下さん
※効果には個人差がございます

 

 

当院の技術を
多くの専門家が絶賛

 

「患者様からの信頼も厚く患者様のご紹介も常にある先生」

20160906_185600-e1488433727249桶川鍼灸整骨院 院長
柔道整復師 高橋 辰典 先生

森先生とは3年間一緒に勤務させていただきました。一緒に働いていて感じたことは人一倍患者様のことを考えているということです。夜遅くまで患者様の症状について勉強し努力されている先生です。

そんな一生懸命な森先生だからこそ患者様からの信頼も厚く患者様のご紹介も常にありました。治療技術も高く患者様から人として先生として患者様から信頼され尊敬されている先生は少ないのではないでしょうか。日本橋で体の痛みや何か悩みがあれば森先生に一度ご相談されることを強くお勧めします。

「森先生の治療は同じ腰痛でも患者様によって治療がすべて違います。」

20160906_203235-e1488433748631桶川鍼灸整骨院
柔道整復師 三ツ木 祥貴 先生

森先生の治療は同じ腰痛でも患者様によって治療がすべて違います。本当の原因はここだったのかと驚かれている患者様も多いです。病院やほかの治療院では腰だけを治療していますが森先生の治療は自然治癒力をあげるために睡眠の質を診ています。

身体だけではなく人間本来の回復する機能を診ている先生は少ないのではないでしょうか。慢性的な腰痛や肩こりで悩んでいて、ただ辛くなったらマッサージを受けたり、ただ骨盤矯正をうけたりされている方は一度、森先生の治療をうけて頂きたいと思います。

Sunny鍼灸院・整骨院を強く推薦致します。

「森先生が修業して得とくしてきた一つ一つの知識、技術は本物です」

篠沢 弘悦 先生松原整骨院 院長
篠沢 弘悦 先生

森先生が治療家の世界に足を踏み入れた時からの10年以上の付き合いになります。当時から勉強、研究に熱心に取り組む姿勢には大変好感を持ちました。日々成長し患者様に対する思いも強く頼れる存在になっていったのを覚えています。

森先生が修業して得とくしてきた一つ一つの知識、技術は本物です。治療をうけて喜んでいる患者様がほとんどだからです。日本橋で治療院を探しているのならばSunny鍼灸院・整骨院の森先生を強く推薦いたします

「医師からみても信頼できる先生」

こんどうクリニックこんどうクリニック
皮膚科・漢方皮膚科
近藤 亨子 先生

森先生には慢性的な肩や首のこりでお世話になっています。以前からいろいろな鍼灸院に通っていますが、森先生は鍼灸に整体を加えた治療をしてくださるので、肩や首のこりだけではなく、その原因となっている姿勢の歪みにも整体でアプローチしてくださり、現在ではこりに悩まされることなく生活できるようになりました。

とても優しく話しやすい先生でちょっとしたことでも相談すると適切にアドバイスしてくださいます。

また、病院での診断治療が必要となるような症状の方は整形外科や脳外科などの専門医に紹介していらっしゃるところも医師からみても信頼できるポイントです。病院でお薬や湿布をもらってもなかなか症状が改善しない方にはぜひ一度森先生の施術を受けていただくことをお勧めします。

 

 

1日1名様限定 Sunny式 整体×鍼灸×骨盤矯正コース 初回 2,980円

24時間受付!ネット予約・問合せ

 

坐骨神経痛 のブログ記事一覧

浜町・人形町の整体はSunny鍼灸院・整骨院 PAGETOP